社員インタビュー

ご利用者さまだけでなくご家族さまも支えていく仕事。 ご利用者さまだけでなくご家族さまも支えていく仕事。

ご家族さまも頼れる存在が私たち。

 在宅介護は、訪問ヘルパーによる1対1のケアが特徴的ですが、実はチームワークの仕事です。一人のご利用者さまに対して、ヘルパー・ケアマネジャー・訪問看護師・医師などが一つのチームとなって関わります。そして、実は在宅介護の主介護者はご家族さまなんです。主介護者であるご家族さまが疲れ切ってしまっては「ずっと自宅で過ごす」ことは不可能になります。地域の在宅介護事業者として、ご利用者さまだけでなくご家族へも介護の経験や知識をお伝えする役割もあってよいと思っています。「一人で頑張らなくてよいんですよ。私たちもそばにいますからね」と、地域のみなさんがいつでも相談できる在宅介護の営業所を目指しています。

「笑顔」で頑張れる仕事場を作りたい。

 ケアメイトに入った当時、ちょうど子育ても忙しい時期でしたが、訪問介護の仕事は時間に融通が利き、自分の生活に合っていましたね。登録ヘルパーから始めたのですが、フルタイム勤務になり正社員に。リーダーなどの管理業務も担当する中で「次の若い世代が、この会社でずっと働いていきたい」と思ってもらえる環境を作れれば、と思うようになりました。訪問介護の現場でも会社でも、人と人が顔を合わせる時間が多い環境です。だから、笑顔が絶えない雰囲気を大切にしています。スタッフ同士が笑顔でいれば、ご利用者さまにも笑顔が広がっていくはずですしね。ケアメイトは、仲間やご利用者さま、多くの人と深く触れ合えて、ずっと自分を成長させてくれる場所ですよ。

一日の仕事の流れ