社員インタビュー

一人ひとりへのサービスを突き詰めたい。 一人ひとりへのサービスを突き詰めたい。

お客さまに密接なサービスを目指して。

 就職活動のはじめ、お客さまと密接なやり取りができる小売・接客業を考えていました。でも実際のところ、接客だからといって密なサービス提供ができるわけではないなと感じたんです。就活サイトの適職診断をやってみたら「介護業界」が出てきたので、説明会に参加したり調べてみたり。その中で「介護は究極の接客業」という言葉に惹かれ、自分の志向に合っているな、と。ケアメイトは在宅・訪問介護に特化しているので密なサービス提供ができるだけでなく、何よりスタッフの雰囲気の良さが印象的。みなさんが私に興味・関心を持って接してくれました。この人たちと一緒に働きたいな、と思ったのが入社の決め手です。

一人前になるまで、とことん付き合ってくれる先輩

 介護業界の知識はゼロ。ひたすら先輩の仕事を見て、分からないところはすぐに聞いて。質問しすぎて「どうして坊やだねぇ(笑)」って言われちゃいました。でも、上司も先輩も面倒くさがらず、とことん付き合ってくれました。失敗しても叱られるのではなく、「どんな失敗だった? どうしたらいい? 次回はそれを思い出してやってみよう!」と指導してくれたおかげで、自分自身で仕事の仕方を考えられるようになりました。
 在宅介護はご利用者さまと近い距離感で、一人の方に突き詰めたサービスを提供できると実感しています。就活の時に聞いた「介護は究極の接客業」、まさにそれを体現する仕事ですね。

一日の仕事の流れ